蜘蛛の糸

春休みこども劇場    

 

「蜘蛛の糸」 芥川龍之介

 

釈迦はある時、真っ白な蓮の花が香ばしい匂いを発している、極楽の蓮池を通してはるか下の地獄を覗き見た。幾多の罪人どもが苦しみもがいていたが、その中にカンダタ(犍陀多)という男の姿を見つけた。カンダタは生前に様々な悪事を働いた泥棒であったが、一度だけ、善行を成したことがあった。森を通る時に、小さな蜘蛛を踏み殺そうとしたが、思いとどまり、命を助けてやったのだ。それを思い出した釈迦は、その報いに、できることなら、カンダタを地獄から助け出してやりたいと思いました。ちょうど蓮の葉の上に、極楽の蜘蛛が糸をかけていました。釈迦は一本の蜘蛛の糸をカンダタめがけておろした。

 極楽から下がる蜘蛛の糸を見たカンダタは「この糸をつたって登れば、地獄から脱出できるだろう。あわよくば極楽に行けるかもしれない」と考える。そこで蜘蛛の糸につかまって、地獄から何万里も離れた極楽目指して上へ上へと昇り始めた。ところが糸をつたって昇る途中一休みし、ふと下を見下ろすと、数限りない地獄の罪人達が自分の下から続いてくる。自分一人でさえ、切れてしまいそうなのに、このままでは糸は重さに耐え切れず、切れてしまうだろう。それを恐れたカンダタは「この蜘蛛の糸は俺のものだ。お前達は一体誰に聞いて上がってきた。下りろ、下りろ」とわめいた。すると次の瞬間、蜘蛛の糸がカンダタのぶら下がっている所から切れ、カンダタも罪人達も再び地獄に堕ちてしまった。

 その一部始終を見ていた釈迦は、カンダタの自分だけが地獄から抜け出そうとする無慈悲な心と、相応の罰として地獄に逆落としになってしまった姿が浅ましく思われたのか、悲しそうな顔をして蓮池から立ち去った。

 また地獄へ落ちてしまったのは、自分ばかりが助かろうとする無慈悲な心に対する罰なのでした。                     おしまい

                   

メニュー

合気道に興味のある方へ

合気道の稽古を、静岡県の志太・榛原各地区(島田市、藤枝市、焼津市、吉田町)において、毎週行っております。

入会希望の方は以下までお問い合わせください。随時受け付けております。

また、合気道に興味のある方もお気軽に見学にお越しください。

 

お問合わせはこちらから