合気の定義  (武田流伝書に曰く)

  合気の定義・・・

 

武田流伝書に曰く

 

 

「本来人間の身体は小宇宙であり、天地精霊の気を受けてそ

 

の本性としている。かくの如く、人間の身体は天地自然と微

 

妙不可思議な関連性をもっているもので、万有は同根であ

 

り、一体である。」 

 

すなわち「合気」とは、人間の心身を大自然に合わせて、そ

 

の運動性を一体化することによって力をより大きく発揮しよ

 

うとするものであり、小宇宙としての自己を大宇宙に同調合

 

体させる事が修業の眼目とされている。 

  

武道でいう礼とは、天地の運行の理法を人間の行動動作の大

 

原則として、その姿を学びその動きを学んでいくのがその本

 

旨である。合気道においても、天地運行の律動を技の上に千

 

練万鍛してゆくものであり、礼に叶うものである。 

 

ところで合気道は武術であるが、同時に魂のみそぎのための

行で古来「みそぎの武道」とも呼ばれた。みそぎとは合気道

をとうして己の罪汚れの雑草を払い人間本来の美しい魂に戻

り、自在身を得るためのものである。

                     

                        終わり

メニュー

合気道に興味のある方へ

合気道の稽古を、静岡県の志太・榛原各地区(島田市、藤枝市、焼津市、吉田町)において、毎週行っております。

入会希望の方は以下までお問い合わせください。随時受け付けております。

また、合気道に興味のある方もお気軽に見学にお越しください。

 

お問合わせはこちらから